リフォームをして快適な住まいを手に入れるためには

雨漏り対策

早め早めの雨漏り対策

新築だからと言って雨漏りはないというものでもありません。雨漏り個所は天井だけでなく、窓のコーキング部分や雨どいの接続部分など、ちょっとした施工ミスから漏水が始まり、雨漏りにつながっている場合も多いからです。そのため、症状が見られたらすぐに業者を呼んで原因を究明してもらうことが大切です。築年数が浅い場合には、水漏れ自体に気付きにくいこともありますが、まさか雨漏りはないだろうと油断してしまって対応が遅れるというケースも多く見られます。早めに対応しなければ、場合によっては構造部分に水がたまっていき、腐食が進んでしまう恐れもあります。建物の内部は見えませんが、外から見た以上に腐食しているケースが見られるので早めの対応が必要なのです。

症状が見られる前にリフォーム

屋根の上をチェックすることは素人には難しいですが、ベランダや窓枠、外壁など浸水しそうな部分は自分でもチェックするようにしなければなりません。ベランダの防水シートのたるみや外壁部分の破損など、素人でもわかるような異常個所があれば、実際に雨漏りが起こっていなくても防水リフォーム等の対策を行うべきです。築年数が浅ければ、施工ミスの恐れもありますから、施工業者に説明を求めることも大切です。また、ある程度築年数が経過しており、外壁塗装などのリフォームが必要な時期に来ているのであれば、リフォームに合わせて雨漏りのチェックを行い、必要に応じて防水リフォームを行えば、足場の設置費用なども浮かせることができるので経済的です。

Designed by CSS.Design Sample